2014年10月31日金曜日

ヒイロチャワンタケ

先日の27日、ヒイロチャワンタケの群生に出会った。
何てことはなく珍しいきのこではないが、そのうち出会ったら胞子を覗いてみたいと思っていた。

どれを採取しようか選り取りみどりで、こんな発生の仕方を見たのは始めてだった。
ブルドーザーの通った跡らしく、タイヤ(キャタピラ?)に押しつぶされ胞子が拡散され
こんなに発生したのかもしれない。

下はヒイロチャワンタケの胞子。

輪郭に焦点を合わせている。

下は胞子表面の網目に焦点を合わせている。

Discinaだと、表面の網目はKOHで溶けてしまったりするが、このきのこの胞子表面はKOHでマウントしても溶けない。

追記
スイスの菌類図鑑を見るとAleuria aurantiaの胞子サイズは14-16×10μmとなっている。
California Fungiでは16-21 x 10-11 μmとなっている。
短径の方・・・10μmあるのかな?と胞子サイズを計測してみた。
突出している網目部分を除いて13.5-16.0× 7.5-8.9μm(n=50)
スイスの菌類図鑑の方は網目を除いての計測、
California Fungiは網目を入れての計測なのかよくわからない。
環境などで胞子サイズに若干の差異があるのだろうか・・・。

2014年10月30日木曜日

検鏡図は前途多難かも

Mycenaには縁シスチジアが指状突起だったり、傘表皮の菌糸がボコボコだったり
単純な形状ではないものが多分にあるとは思っていたが
Mycena epipterygiaを顕微鏡で覗いた途端に、「うっ」あるいは「ギャっ」っと悲鳴を上げたくなるような前途多難というか目の前が暗くなる思いがした。

下は傘表皮の菌糸組織

下は縁シスチジア

下は柄シスチジア

M. epipterygiaには2胞子性のもの(var. epiptrygioides)があるのと
胞子が若干小さめのもの(var. pelliculosa)があり
それ以外は顕微鏡所見的組織の形状は殆ど変わらないんじゃないだろうか。
何年も前にキナメアシタケには何種類かあるとは聞いていたけれど
縁シスチジアや傘表皮の菌糸、柄表皮の菌糸を検鏡するよりも
全体が黄色いキナメアシタケは担子器をみて4胞子性か2胞子性かを確認することや
胞子の大きさと傘の色合いなどで、どの変種になるのかおおよその判断で良いのではないか
何となくそんな気がしてきた。

2014年10月27日月曜日

Mycena epipterygia var. viscosa

羊蹄山麓には8月のお盆以来行って なかった。
あいにくの雨だったけれど、今日で遠出のきのこ探索も終わりと思いながら出かけた。
そろそろダイダイフチドリクヌギタケが出ているかもしれないと、発生しているか確認のつもりもあった(出ていなかった)。 ここ数日、雨が降らず秋晴れが続いていたので、今日の雨でこれから発生するのかもしれない。

少し歩き、もう一つ見つけたかったきのこ(この季節に出ているEntoloma)があった。が、それも見つからず、トボトボと伐採倒木が放されている場所へ行き、ヒラタケでも出ていないかなぁと見回した。
ふと苔むした伐採倒木に目が留まった。小さなクヌギタケが出ていた。

何気なく、1本を採ってみると柄が黄色い。他のも見てみるとやはり柄が黄色い。
傘も柄も粘性あり。
ロビッチの図鑑もあることだし、ちょっと調べてみようかな、という気になった。


粘性があるので、たぶんキナメアシタケと同じ節だろうかと目星をつけて見るとよく似ているのが
あった。 Mycena epipterygia var. viscosa (Maire) Ricken
キナメアシタケの変種らしい。

MycoBankで見てみると、 Mycena epipterygia には十数種の変種があって、その中に var. viscosaがなぜかない。Mycena viscosaを見てみると
Mycena viscosa≡Mycena epipterygia var. viscosaで あったけれど・・・。

おいおい組織の検鏡をして記録を残しておこうと思う。

2014年10月15日水曜日

秋晴れ

きょうは秋晴れの穏やかな1日だった。
そういえば、シモフリシメジがもう出ている頃だと思い出かけてみた。
シモフリシメジを採ってきたら、どんな食べ方が美味しいかな・・・
なぁ~んて思いながら行ったものの1本も見つけられなかった。
ネズミシメジやアカゲシメジなんかが例年のようにたくさん出ていたのに
どうしちゃったんだろう・・・

きっと、これシロサクラタケだよねと写真を撮った。

下はこの季節いつも見かけるベニタケ属のきのこ

下のきのこはよく見かけるきのこで傘径は1.5~3センチの小型のきのこ。
Clitocybe fragrans というキノコによく似ている。
C.fragrans にはコカブイヌシメジという和名がついている。
これがコカブイヌシメジなんだろうか?


はるか遠く山並みを見ると、大雪山が見え白くなっていた。
2日前に庭先で雪虫が飛んでいたので、あと2週間くらいで里にも初雪が降るのだろう。

2014年10月7日火曜日

たかが防風林、されど防風林

我家は田園に囲まれた片田舎、その片田舎に延べ10数キロ以上に及ぶ防風林がある。
上空から見ると大したことの無いような防風林だけど正確(真っ直ぐ)に作られていて、グーグルアースで見てみるとその正確さがよくわかる。

町中を通る防風林は年に1度、部分的に下草が刈られるが殆どが下草は刈られず、風倒木はそのままにされ、伐採木も防風林に置かれたままになっている。夏場の下草が繁茂している時は、足を踏み入れるのはかなり勇気がいるが秋に入り朝夕の気温が低くなると随分歩きやすくなってくる。

我が家から道民の森まで車での所要時間は地区によって違うけれど約1時間、時折出かける羊蹄山山麓は約2時間半、野幌森林公園は40分くらい、岩見沢の利根別森林休養林までは50分くらい。何となく疲れてあまり遠くへ行きたくない・・・なんてときに、防風林はとても便利。

その防風林で、こんなブナシメジを見つけた。

ヌメリスギタケなんかも開き過ぎずいい感じのものがでていた。

ブナシメジを見て、そろそろ北海道は晩秋きのこって感じ・・・。

2014年10月4日土曜日

ツバヒラタケ

先日、いつもは入らない防風林に入ってみた。
伐採された倒木からヒラタケ属のきのこが出ていた。


傘表面は微毛状あるいはフェルト状のひび割れたような鱗片があり、2年前からしばしば見かけ何だろうと思っていた。

GoogleでPleurotus の画像を調べてみると、どうやらPleurotus dryinusらしい。
http://mycorance.free.fr/valchamp/champi230.htm
http://www.funghiitaliani.it/?showtopic=33519
http://www.pilzseite.de/Pilzgalerie/Pleurotus/dryinus/FrameSet.htm
日本産きのこ目録で見てみるとPleurotus dryinusにはツバヒラタケという和名がついている。

高橋郁夫先生の図鑑にツバヒラタケが載っていて、以前からその和名を知っていたものの
図鑑の写真とは随分違うように見え、これがツバヒラタケ?とこれまで全く分からずにいた。
下は2年前に撮っていた写真。
ふ~ん・・・これがツバヒラタケなんだ・・・と、ひとつ分かった次第。

2014年9月22日月曜日

宮城フォーレ終了

出かける前に腰痛がひどくて、行けるかな・・・と思っていた仙台行きは
何とか無事に着き、そして今朝仙台から戻ってきた。
あっという間に終わった楽しい3日間だった。
(宮城フォーレではたくさんの方にお世話になり、ありがとうございました。)

仙台は1週間ほど雨が降らず乾燥していて、出が悪いのではと心配されていたがたくさんのきのこが採集されていた。

その中で私が最も興味を引いたのは、兵庫県の正井さんが採集されたツエタケの仲間のDactylosporina(トゲミノフチドリツエタケ属)。
現場では胞子にトゲがあることを確認したけれど、組織の詳細は見ていない。少し標本をもらってくれば良かった・・・とちょっと後悔。

フォーレが終わり、某公園を散策。

よさげな感じたったのに2時間ほど歩いて、見つけたきのこは干からびたワタカラカサタケ数本とホコリタケのみ。北海道はたっぷり雨が降っていたし、今頃防風林では・・・と歩きながら北海道が急に恋しくなってしまった。

それで、今日帰ってきてから、即防風林に行ってみた。ベニヒダタケ、ヒメベニヒダタケ、ウラベニガサ、ハタケシメジ、ダンゴタケ、クロサカズキシメジ、エゾノビロードツエタケ、ナラタケ、キララタケ、エリマキツチグリ、ヒメアジロガサモドキ(多分)、ヌメリスギタケ、ウスヒラタケなど、それにチャワンタケやエノキタケもあった。
 下の写真はこれまで何度か見かけていたきのこで、たぶんLepista luscinaだろうと思っていた。胞子を確認してみようかな?と採取してきた。

ところが、胞子は何度覗いてみても平滑で小さく、Lepistaじゃないのか?と全く分からない。
Calocybeの線もあるかな・・・と手持ちの図鑑を見たけれど、やはり分からない。
何属のきのこだろうか・・・?

2014年8月22日金曜日

新規開拓

 車を走らせながら、時々よさげな場所を目で追ったり、あまり知られていない場所で新規開拓できればと日頃思っていた。地図を見て、ここはどうだろうかと昨日、某公園に行ってみた。
 
タマゴテングタケモドキがあちこちで発生していた。

ササクレヒトヨタケ

 クサハツ

オニイグチ(たぶん)

 クリイロイグチモドキ

イロガワリ

不明種

他にも、ベニタケ属やアワタケらしきキノコ、アセタケ属など数種見られたが
きのこの発生は多いとは言えない感じ。
でも、何度か寄ってみて確かめてみる価値はありそう。

帰りに別場所へ寄ってみた。
ヒロヒダタケが材からいっぱい出ていた。

2014年8月19日火曜日

マイフィールド

 お盆休みに、久しぶりに道民の森牧場南地区へ行ってみた。数年前、マイマイガの異常発生でとても森に入れる状態ではなく早々に退散したことがある。それ以来行かなくなってしまったが、かつてきのこを始めた頃は、色々なきのこが発生し面白くて私のメインフィールドだった。
 行ってみると、管理棟の周りは以前と同じように散策できるが、上の方(サイクリングロード)へ行けても森の中は散策路の下草が伸び放題になり行けなくなってしまった。WEBで検索してみると地図に通行禁止のマークがついていた。
通行禁止になっている黄色いルートの奥には吊り橋があり、湿地を渡り廊下のような木造の足場を行けば、北海道では珍しいハナガサイグチも見ることができた。

 管理棟付近でも面白いきのこが見られるので、シーズン中1回くらいは訪れてみようとは思っているが、非常に残念である。

2014年8月18日月曜日

コンデジで十分?

 一眼デジカメは軽量なものを選んでもレンズと合わせるとコンデジの軽量さにはかなわず、今年はずっとコンデジ(ニコンCoolpix p7700)を使い続けていた。撮った写真はWEB掲載或いは研修会のスライド会程度にしか使わないのでコンデジでも十分と判断してのことだった。
 しかし先日 、やはりコンデジは・・・と思う一幕があった。1cm程度のきのこを撮るのに接写ではピントが合わせにくく、被写体から40cm位離れ、さらにピントの合うまで被写体を小さくして撮った。最大の画素数で撮っているので後でトリミングすればそれなりに何とか写っているだろう・・・であった。白い部分にピントと露出を合わせ半押しながら位置を少し横にずらしシャッターを押した。が、多分「使いこなしていない」が最大の理由だろうけど思うように写ってはいなかった。
 (やや)暗い場所での接写は一眼デジカメもピントを合わせ難いこともあるが、コンデジほどではない。ある程度明るい場所で大きなきのこを撮るにはコンデジで十分・・・しかし、ピントの合わせ易さでは一眼デジカメにはかなわない。使っているレンズが違うのだから当たり前なんだろうけど。
 そんなわけで、コンデジはサブ機に戻った。
 

2014年8月16日土曜日

お盆のきのこ

 墓参りを済ませた後、O町にある公園に行ってきた。
O町へは毎年お盆の頃に行っているので、今頃は○○タケがある・・・と大体の憶測がつく。
しかし、行ってみるとタマゴタケが1本も出ていない(例年いっぱい出ている)。
ことのほかテングタケ科のきのこが見当たらない。
そういえば、O町に来る前に寄った真狩や留寿都村でもイボテングタケの発生を見なかった。
ベニタケ属のきのこも少なかった。

7月の台風で北に押し上げられた前線の影響で、北海道は結構な雨量があり
私の住むあたりは
8月も前線の影響と台風11号で「降り過ぎじゃないかい?」というくらい、たっぷりと雨が降った。
道南は 違っていたのだろうか。
8月の地域別降雨量が分かれば・・・とWEB検索してみた。
が、8月の道内降雨量地域別ランキングを探し出すことは出来なかった。
多分、道南の方は雨が少なかったのだろう。

お盆の頃、たくさんの発生が見られるコウタケも今年は少なかった。
以前、針葉樹に発生するコウタケはニセコウタケ、シシタケではないかとも言われていた。トドマツ林内に発生するコウタケをS大に送り調べて頂いたことがある。DNA鑑定の結果、長野県に発生するコウタケと非常に近いという結果を聞かされたことがある。コウタケにごく近いというだけで広葉樹林に発生するコウタケと全く同じではないかもしれないが、少なくともシシタケ Sarcodon imbricatusではないらしい(HPではまだ未訂正)。

そうそう、真狩ではこんなEntolomaがあった。
最初、ヒダを見たとき茶褐色だったので一瞬フウセンタケ科?と思った。けれどフウセンタケ科にこんな柄のある属種があったっけ?と・・・ではEntolomaか?と持ち帰ってみた。胞子は紛れもなくEntolomaだった。現場ではルーペでヒダを見ても茶褐色に見えたけど、写真で見てみるとどことなくピンクがかっている。種名は今のところ不明。

下のEntolomaは結構出ていた(昨年も結構でていた)。1本の桜の周りのみに出ていたので 、もしかしたらその桜の木の根に菌根を作っているのかもしれない。


下のきのこは、多分ヒナベニタケだと思う。
傘径は2cm弱
下は帰り道、K町で撮ったきのこ。これも傘径1~2cm程度。
これもヒナベニタケなのだろうか?

2014年8月9日土曜日

怪しげなキノコ

近頃、前線の影響で雨が降り続いていた。
庭を見ると怪しげなきのこが発生していた。
ヒダは最初紫灰色から やがて黒色。
春に牛糞堆肥を土に混ぜ込んだところで、その堆肥から発生したのだろう。
下手に調べず、分からないままにしていたほうが無難なきのこのような気もする。
庭にきのこが出てくるのは歓迎なんだけど・・・。

2014年8月5日火曜日

無題

新しくブログを作成してみたものの
IEではしばしば「リクエストを処理できませんでした」と表示が出てくる。
エラーコードは bX-rjv2lc
「閉じる」をクリックすると表示は消え、普通に編集したりできるが
もしかしたら外部からのコメントは相変わらず出来ないのかもしれない。

(Firefoxだと、エラー表示は出ない)
IEブラウザのバージョンを見てみると自動更新されIE11になっていた。
ブラウザと関係があるような、ないような?

やはり無料ブログには限界があるのかな・・・。

追記
コメントができない問題について
ネット上に
「 インターネットオプション→プライバシー→詳細設定をあけると
ファーストパーティーのcookie サードパーティーのcookieの
承諾するにチェックを入れる」
と、あった。早速チェックを入れてみた。
コメントの件については、これでOKなら良いのだけど・・・。


2014年8月1日金曜日

怖いといえば

10日くらい前のこと
防風林でタモギタケの群生を見つけ写真を撮ろうとしていた時
一匹のススメバチが近づいてきた。ジッとしているとホバーリングしながら今にも腕にとまりそうだった。手持ちの蚊取り線香の煙を近づけても煙から5cm位離れるもののなかなか離れようとしない。
仕留めることはおそらく無理、下手に振り払えば敵とみなされ、仲間を呼ばれては大変、その場をそっと離れることにした。ある程度までくるとスズメバチの方から離れていった。正直刺されるんじゃないかと思った一件があった。

そして、昨日
我が家の小さな畑に植えられているトマトを見に行った。遅蒔きだったのでまだ青く、収穫はまだまだと見ていると、またもやスズメバチがやってきた。ジッとスズメバチの動きに注意を払っていると、そのスズメバチはなんと頭に止まってしまったのだ。「ここは私の縄張りで、お前の縄張りではない」と心で叫んだが、スズメバチに届くはずもない。そっとそっと玄関までくるとスズメバチは頭からやっと離れ玄関に逃げ込み難を逃れたが・・・この時も刺されるかもしれないと怖かった。

私に怖いものはあるのか、なんて言われそうだけど
スズメバチは(も)やはり怖い。



2014年7月26日土曜日

やっと初ツエタケ

昨日、ツエタケにやっと出会った。
とは言っても、以前見つけた場所のツエタケで、新しく出会ったツエタケではない。
オキナツエタケ
 
フキアゲマルミノツエタケ
 
このきのこ達が出てきたということは、たぶん他の場所でも発生しているのだろう。
今日の雨で、さあ出番と色んなキノコたちが顔を出す準備をしているに違いない。
北海道はきのこシーズンが短い。これから3ヶ月、どんなきのこに出会えるだろうか。

2014年7月15日火曜日

夏本番

今日は暑かった。北海道もいよいよ「夏!夏!夏!」。
(7月は秋まき小麦の収穫時期 )
しかし夏きのこは今ひとつ、殆ど出ていないに等しい。

それでも今年初のテングタケ科のきのこに出会った。
(いつもはヒメコナカブリツルタケが最初なんだけどね)
このきのこは、傘の鱗片とツバ、ツボの一部が淡黄色。支笏湖周辺の針葉樹林でよく見かける。
傘の鱗片はツボの破片というより膜という感じ。
ツバから上はダンダラ模様でキリンタケ節のきのこだよねぇ・・・。

前に何かの図鑑で 黄色いツボ破片のテングタケを見かけたことがあって
Amanita franchetii(=Amanita aspera)かもしれないなんて頭をよぎったことがあった。でも、ネット検索すると、上の写真とはどうも雰囲気が違う。
日本新菌類図鑑P128にあるザラツキテングタケ (Amanita aspera)はキリンタケ節になっていて、
その記述を見ると、下のURL先の写真が典型的のように見える。
しかし、そのURL先の写真のきのこの柄をみると、ツバの上のダンダラが見えない。
 
北陸のきのこ図鑑にもツバから上のダンダラについては記載がない。
ツバの上のダンダラってキリンタケ節の一つの特徴と覚えていたんだけど、違ったっけ?
ダンダラがなくてもキリンタケ節?

要は
このきのこ、去年もAmanita spだったけれど、やっぱり今年もAmanita spだ・・・。