2015年10月2日金曜日

迷宮きのこ

昨日、羊蹄山麓へ出かけてきた。
某アカエゾマツ林では間伐材のウッドチップが撒かれ、毎年晩秋の頃になるとそのウッドチップ上に色々なきのこが出てくる。昨年もあちこちにシロナメツムタケの群生があったり、今年もそれらしいきのこが遠目にも見えた。別に採るつもりもなくその傍らを通り過ぎようとしたとき、首を傾げてしまった。シロナメツムタケとは何かが違う。

やけに柄が太い。

近くに成菌が有り、なんかゴツイ。

栄養が十分にあるとこんなに成長するのだろうか?

傘縁や柄に白い鱗片がないし、なんか違うみたい・・・でもPholiotaだろうなと何個か採取した。

帰宅してから、ヒダを見ると採取時のヒダの色と殆ど変わらず「あれっ?」、Pholiotaならサビ褐色になっていくはずなんだけど・・・ん???
ヒダ縁をホンの少し切って顕微鏡で覗いてみると、シロナメツムタケの縁シスチジアとは似ても似つかない。


この時になって、どうもPholiotaではないようだと気づいた。胞子はおそらく薄いクリーム色(胞子が落ちず、胞子紋は取れなかった)。

では何だろう? Leucopaxillusの仲間か?Lepistaの仲間か?スイスの菌類図鑑をパラパラとめくった。どうもピンと来なくてつづいてLyophyllumを見ていて目に留まったのがLyophyllum leucophaeatum。 Marginal cellの形がよく似ている。
 しかし記載の一部分を見ると味は温和から僅かに苦味があると書かれ、少しだけかじってみると全くの温和で苦味など少しもない。で、肉は黒っぽく変色性があることが書かれているが殆ど変色しない。組織を覗いたときに見えていた胞子の形状とも違う。胞子は僅かにイボ状と書かれているけれど、どう見ても平滑にしか見えない。
サイズも違うし(4~6μm)・・・。

傘表皮の菌糸構造も違っている。

Lyophyllum leucophaeatumではないことがハッキリした。

う~ん、またまた・・・迷宮きのこだ。
----------------------------
追記
Lepista panaeolusの可能性を疑ってみたが
コットンブルーで胞子全体が染まり、輪郭はやはり平滑。

下はフロキシンBで染めてみた。

下はメルツァー

2015年9月28日月曜日

きのこと関係ないんだけど・・・

全く期待も何も持たず、義務で乗った観光バス
この大切な季節に・・・と思いながら、車窓から見える景色は常によさげな場所を目で探していた。
やがてバスは美瑛方面に向かい、そして青い池へ着いた。
「えっ!?・・・ホントに青い・・・」

しばし、きのこのことは頭から吹っ飛んだ。
たまたま偶然に出来た水溜り(池)らしいのだけど何とも神秘的だった。

2015年9月22日火曜日

タマウラベニタケ②

裏の極小きのこ畑を見ると、タマウラベニタケはダンゴ状のものをたくさん発生させていた。
やはりナラタケの菌糸束がはびこっていた。

ダンゴ状になったものを少し採集
いずれのダンゴ状のものはナラタケの菌糸束にぶら下がるように発生している。

ダンゴ状の塊をナラタケの菌糸束から外してみると、その菌糸束にタマウラベニタケの菌糸が張り付いている。その付近のナラタケ菌糸束はややボロい状態。タマウラベニタケがナラタケ菌糸束の養分を奪っているんじゃないだろうか。ダンゴ状のタマウラベニタケから伸びた自身の菌糸束から発生したタマウラベニタケは正常に傘とヒダをもつ子実体を発生・・・ではないだろうか。

たぶん、タマウラベニタケがついてしまったナラタケ菌糸束は分断されてしまい、タマウラベニタケの発生する場所はナラタケの発生が少なくなるのかもしれない。
 もし、そうだとすればナラタケが寄生するのではなく、やはりタマウラベニタケがナラタケに寄生だと思うのだけど・・・。ナラタケの天敵はタマウラベニタケではないだろうか、そんなことさえ思ってしまう。

あくまで推論でしかないけれど、ナラタケの菌糸束のあるところでなければタマウラベニタケは発生しない、そんな持論でこれからもタマウラベニタケを見つけては根元をひっくり返してナラタケ菌糸束があるかどうか見ていくのだろうと思う。

2015年9月20日日曜日

タマウラベニタケ

もう少しで埼玉フォーレが開催される。
今年は都合が悪く参加できない。たぶん、ツエタケなんかたくさん見つかるんじゃないかなぁ・・・。
狭義のツエタケなんぞ見つかったら、日本初。(これまで、図鑑類に掲載されていたツエタケでシスチジアの詳細な形態が記されていないものは、ブナノモリツエタケの可能性あり)
どんなツエタケが採集されるか気になるところ。

裏にある小さな畑にこれまでせっせとウッドチップを撒き、気になり採取したものの色々なきのこを捨ててきた。昨年まではフミヅキタケやシロナメツムタケ、ナラタケが発生し、今年は何が出てくるだろうと思っていたら、タマウラベニタケ(タマウラベニタケを捨てたのはもう何年も前、近年は採取してなかった)が発生していた。
きっと、その下にはナラタケの菌糸束があるに違いない。
このきのこは、ナラタケ菌によって奇形にされることは知られている。けれどナラタケが寄生し奇形にするのではなく、私はタマウラベニタケが奇形のデメリットがあってもナラタケの菌糸束に寄生あるいは菌根を作っていると疑っている。きのこを始めてまもない頃、倒木にこのきのこが発生しているのを不思議な思いで見た。一部は地についているものの地上から離れ倒れているその倒木の皮を剥いで見るとナラタケの黒い菌糸束がはびこっていた。その時から、タマウラベニタケは寄生されているのではなくナラタケの菌糸束に寄生しているのだと思うようになって、ただの憶測だけれど今だにそうだと思い続けている。真実はいかに・・・。

2015年8月24日月曜日

何属?

適度に雨が降り、色んなきのこが出ているんじゃないかと思いつつも
腰痛のため北海道キノコの会の観察会は出かけなかった。

先日、この時とばかり3日間連続で歩き回り股関節に異様なだるさを感じた翌朝のこと
起き上がることも寝返りを打つことも出来ないほどの腰痛に見舞われた。
やっと通常と変わらず起き上がれるようになり、靴下も難なく履けるようになったものの
時折ズキっと痛みが走るので、まだ無理は禁物かと遠出は避けた。
でも、このきのこシーズン本番に出掛けられないなんて・・・と思うと「行きたい、行きたい」虫が騒ぎだし、「近くなら」と出かけてみた。

某神社の境内の草地に見慣れないきのこが発生していた。
 
下は近くにあった老菌。

きのこを手に取ると全体が脆いきのこで、特に柄はすぐにポキッと折れてしまうほど脆い。
ヒダは最初類白色で次第に灰色になり、パッと見、Entolomaだろうと疑いもしなかった。しかしカメラを向けると傘の上や葉っぱに白い胞子が落ちている。「えっ?」と見直すと、やはり胞子は白色。
何属のきのこだろう?

検鏡してみると、傘表皮菌糸は匍匐性、担子器は4胞子性で縁や側にシスチジアは見られない。
胞子紋は白色、楕円形。未計測。シメジ属のきのこなんだろうか?

下はメルツァーでマウント

手持ちの図鑑類にLyophyllum に似たきのこは載っていない。
そのうちでも分かれば良いのだけれど・・・。

2015年8月18日火曜日

Windows10 ?

先日、PCのモニタ上に「Windows10の無償アップグレードの予約」フォームが現れ、とりあえず予約だけはしておいた。今朝PCを見ると「Windows10への無償アップグレード可能」のフォームが現れ、どうしたものか保留にしておいた。

現在はWindows7(サブのウルトラブックはWindows8)で今のところ何ら困っていることはないし、なんでこうもWindowsはグレードアップするんだろう。ほぼ1年毎に8、9、10じゃないだろうか。いかに開発し提供しているかの誇示姿勢だとは思うのだけど、それなら安心して万民がアップグレード出来る状態まで持って行ってからにしてほしい。
 ちなみに「Windows10の弊害」で検索してみると、やはり出てきた。無限ループ、これはどうもWindows10用の最新ファイルkb3081424とkb3081426で起こるらしい↓。
http://freesoft.tvbok.com/win10/tp/reboot_loop_kb3081424.html

上の記事を読んでみると原因が書かれている。
  • ユーザーアカウントの追加・削除を行った事がある。
  • Nvidiaのビデオカードドライバやその他特殊なツール (またはマルウェア)により、隠しアカウントが追加されているPC
  • 過去にPCのクラッシュなどが原因で、ユーザーアカウントのデータが壊れたことがあるPC
3番目はないとして、たぶん、ユーザーアカウントは最初の設定から変えていないと思う。
でも、2番目の「特殊ツール」?「隠しアカウント」?、絶対ないとは言えず
もし、無限ループに陥った時の対処法も載っているが
問題が発生した場合、解消するにはレジストリの操作が必要です。
PC初心者には難しい操作であり、操作を少しでも間違えるとPCの状態はさらに悪化します。

と書かれていて私には到底無理な作業になりそう。

過去に「ただほど高いものはない」なんてこともあったし
もう少し安全を確認してからグレードアップしたほうが良いのかなと思っている。

2015年8月11日火曜日

顕微鏡カメラ(レイマー)を試してみる

以前から、PCモニターでピント合わせを見ながら顕微鏡写真を撮れたらと思っていた。
レイマーの顕微鏡カメラはずっと頭の片隅に在った。
モノは試しでWRAYCAM-NF300を注文し、それが届いた。
使用するPCは3年前に買ったウルトラブック。
インストールを済ませ使用してみた。
カメラを取り付けるのはいたって簡単、カメラとPCをUSBケーブルで繋ぐだけ
操作も分かりやすく、取説を読まなくても私の鳥頭でも撮影操作は難なく出来た。
簡単にホワイトバランスも取れ
リアルタイムで画像がPCモニタに表示され「おおっ、これこれ」とその感じにちょっと感激。

だが、モニタには明らかにノイズが走っている。
横縞が下から上と移動し、どうすればこのノイズが軽減されるのかな?・・・う~む・・・。
う~む・・・と唸っているうちにPCがすごく熱くなっていて、なんかあまり良くないかも・・・う~む・・・。
長時間の使用はPCに何らか負担を掛ける気がしてシャットダウンした。

これまでカメラ側のノイズは減算処理で背景をそこそこ綺麗にすることが出来たしそれに慣れていた。横縞ノイズは動かないものであれば減算処理できるのに、それも出来ない。
それと、元画像は約300万画素なんだけど拡張子がJPGではなくTIFのせいか1枚が約9MBもある。容量がそれほど大きくないウルトラブックなので、別の画像処理ソフトで変換し保存すると容量は当然小さくなるけれど、なんだかそのあたりも引っかかる。
ノイズが出るのは(値段の)安い方のWRAYCAM-NFシリーズで、高い方のWRAYCAM-SRシリーズだとノイズはきっと出ないのだろう・・・。

もう少し、いじってみようとは思うけど・・・。

----------------------------------
追記
横縞ノイズは顕微鏡側の光量を絞ると軽減されたり、ゲインというところを調節すると随分軽減されることが分かった。後から取説を見てみると、トラブルシューティングの項に「横縞は光量が明るすぎると表れる」と記載があった。
それと保存画像の拡張子は選択するところがあって、初期状態はTIFを選択していた。これはJPGに選択し直した。

画像は若干の樽型歪になっている(これまで糸巻型歪だった)。これは画像処理の時殆ど調整はいらないように思う。ただ背景に色ムラが出てくるのが気にかかる。

きのこ観察(胞子や組織観察)程度なら十分に使えるカメラじゃないか、と思う。
照明法(偏斜照明、暗視野照明など)を変えた観察を試していないので、おいおい試してみることにした。

------------------------------
追々記
------------------
確かにノイズが消えた。



2015年8月1日土曜日

幼菌がいっぱい

 このところ雨が続いているので、きのこ達はいつもより早く発生しているかもしれないとS川市に出かけてみた。向かう途中雨が降りだし、引き返すことになるかもしれないと思いながら車を走らせた。S川市に入る手前から雨は上がり、晴れ間が見え気温が上がりだした。下草は濡れているのでカッパのズボンと長靴を履き、首にタオルを巻き長袖シャンバーを着ての格好は30度以下の気温とはいえさすがに暑かった。
 ムラサキヤマドリタケは小さな幼菌がいくつか、ヤマドリタケモドキは傘がパンパンに開いているものもあったが殆どがまだ幼菌。
 ヤマドリタケモドキ

アカヤマドリもたくさん出ていた。

下はアメリカウラベニイロガワリの幼菌

タマゴタケの白い卵はあちらこちらに出ていた

今年はオクヤマニガイグチがあちらこちらに顔を出していた。

珍しいところでは、ヒメヌメリイグチがあった。道南で一度出会ったきりで、思いがけず「ここにも出るんだ」と見入った。

下は、たぶんクリゲノチャヒラタケ
 
ヤマドリタケモドキは食用のために傘の開かない硬いものを採取してきた。しかし柄の殆どに虫が入っていた。元基のうちに虫の卵が産み付けられるのだろうか・・・?。もったいないと思いながらも半分以上捨ててしまった。
 ベニタケ科やテングタケ科のきのこも相変わらず多い場所で、楽しいっちゃ楽しいのだけど、きょうはツエタケの1本も見つけられなかった。

2015年7月27日月曜日

今年ツエタケ第1号

 夜半まで降っていた雨が上がり、お天気予報でも降雨がないので久々に羊蹄山麓へ出かけてきた。
 小さなホウライタケ属やクヌギタケ属などのリター菌が所狭しと発生していた。そんな中、今年初のツエタケ属を2個見つけた。たぶんオキナツエタケとフキアゲマルミノツエタケだろうと思いつつも、もしかしたら違うかもしれないと採取してみた。
オキナツエタケ

フキアゲマルミノツエタケ
家に帰ってきてから顕微鏡で覗いてみると、予想通りオキナツエタケとフキアゲマルミノツエタケだった。
 この他に「あ、これモウセンアシベニイグチだよね」と写真を撮ってみたのだけど、写真はイマイチ

それとキゾメチャワンタケ(青木仮称)に久々に出会った。

傷をつけると黄変しているのと、胞子はイボイボなのでたぶんキゾメチャワンタケで良いのだろうと思う。
コットンブルーでイボイボがよく染まるという記述をみて、コットンブルーで試しにマウントしてみた。


この他にテングタケ属、ベニタケ属、ニセアシナガタケ属やイッポンシメジ属菌、ハチタケやサナギタケなどの虫草、アセタケ属、イグチ類もあった。いよいよ夏シーズン本場だなぁなんて思いながら、もっと近場で色んなきのこが見れたら良いのに、最近は年のせいか羊蹄山麓はちと遠いと感じながら帰ってきた。

2015年6月30日火曜日

イラスト作り

お天気が良ければ、羊蹄山麓へ行きたいと思っていた。
しかし雨の予報なので昨日から諦め、やりかけの遊びに没頭していた。

先日、きのこの会の役員会でポスター(秋の展示会に使用するイラスト)が
著作権のことも有り、承諾を得られず使用できなかった場合どうするか云々になり
「誰かイラストを描けないか~?」の声に皆沈黙。
私も絵心がないので、当然返事が出来なかった。

帰宅して数日経ち、そういえばインクスケープでイラストを作ることは出来ないかな?とイタズラのつもりが・・・凝り性というのか・・・すっかりハマってしまった。
その後、出版社と著者から承諾が得られたと連絡が来たのだから
そのイタズラも辞めればいいのに、、、止まらない・・・--;。

ひとつのインクスケープで色んなパーツを作りながらやっていると軽く20MBを超えてしまい
何か操作をするたび、突然消えてしまったりエラーが出てしまいエクスポートも出来ない。
そこで一つ一つパーツを作ってはフォルダにPNGファイルで保存。
(いくつかのパーツを作ったら、別の新規のインクスケープを開きまたパーツ作り)

画像処理ソフト(私はペイントショッププロ)で、あのパーツこのパーツを縮小や左右反転などを利用しコピペコピペでやっと出来た。
インクスケープは顕微鏡写真から線画を描く事しかやっていなかったので、イラストには初めて挑戦。プロには到底及ばないけれど、ど素人が初めて描くにしてはまあまあじゃないかな・・・なんて、ちょっぴり思っている。


2015年3月29日日曜日

ミヤマナメツムタケ(青木仮称)?

  2月3月は過去の写真を結構な時間眺めていた。下の写真は2010年6月4日に撮っていたものでウッドチップ上にかなりの範囲で束生していた。当時現場で手にとってみたものの全く分からず、あまり気にも止めていなかった。
 
下はやや老成

先日、たまたまPholiotaで画像検索していると、あの時のきのこ(上の写真のきのこ)と似ていると目に留まったのが下記URLのきのこ。

 日本産きのこ目録でPholiota malicola を検索してみると学名がPholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm.で、ミヤマナメツムタケという和名(青木仮称)のあることが分かった。

 ここから頭の中がこんがらかり始めた。

日本産菌類集覧を見るとPholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm. & Hesler var.macropodaにカオリツムタケの和名が与えられている(日本新菌類図鑑も)。
さらにIndex Fungorumを見てみると
http://www.speciesfungorum.org/Names/SynSpecies.asp?RecordID=270422
 var. macropoda も var. malicola も
Pholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm.のシノニムになっている。
えっ、カオリツムタケはミヤマナメツムタケと同じ?


で、日本産きのこ目録と日本のきのこ(増補版)を見ると、カオリツムタケの学名は
Pholiota alnicola (Fr.) Singerに変わっている。
やはりカオリツムタケはミヤマナメツムタケとは違うきのこだ、に私の頭は落ち着いた。
にしても、カオリツムタケの学名は、いつ、どこで、誰が、変えたんだろう。
変えたというより
「カオリツムタケの学名は違っていた」だったのかもしれない・・・?。

なワケでPholiota malicola に、ちと翻弄されてしまった。
上の写真は5年も前で再度同じ場所に出るなんて保証も何もないけれど
青木さんが詳細に記録しているので
同一種かちょっと調べてみようかな?という気になった。

2015年3月18日水曜日

ミズゴケノハナ?

 下の写真は、2005年に撮っていたものでヒメアカヌマベニタケだろうか、ミズゴケノハナだろうかと見ていた。その両種の学名を見て「んっ?」。
 山渓の「日本のきのこ」や旧池田図鑑にミズゴケノハナの学名はHygrocybe coccineocrenata (P.D. Orton) M.M. Moserとなっていている。日本新菌類図鑑で使われているからなんだろうけど・・・。
 日本産菌類集覧p428を見ると、
ミズゴケノハナは、Hygrocybe coccineocrenata var. sphagnophila (Peck) Arnolds 
となっていて同義語にもf.sphagnophila が付されれている。MycoBankでもHygrocybe coccineocrenata var. sphagnophila (Peck) Arnolds はCurrent nameとなっている。
 ちなみに
ヒメアカヌマベニタケの学名はHygrocybe coccineocrenata var. coccineocrenata (日本産菌類集覧p427)とH.coccineocrenata の変種になっている。

 Hygrocybe coccineocrenata (P.D. Orton) M.M. MoserをMycobankで見ると
同義語にH.coccineocrenata var. sphagnophilaはないので同一ではないと思うのだけど、
どうなってるのかな・・・広義のH. coccineocrenata という意味?
だとすれば
var. coccineocrenataが付されているヒメアカヌマベニタケの方が
広義の和名に使われるのが妥当なんじゃないか・・・と思ったりもして・・・。

と、ヒメアカヌマベニタケとミズゴケノハナの学名が気になった次第。

2015年3月17日火曜日

アキヤマタケとキヤマタケとツキミタケ

上の写真は2012年10月16日にS市で撮っていた写真でアキヤマタケ。

 アキヤマタケだろうと漠然に思っていただけで、キヤマタケ、ツキミタケとの違いは全く分かっていない。
日本新菌類図鑑を見てみると
アキヤマタケはアカヤマタケ節アキヤマタケ亜節に属し、一方、キヤマタケとツキミタケは粘性のあるナナイロヌメリタケ節に属している。

この3種についての違いはどこがどう違うのだろう。
日本新菌類図鑑と東北のきのこ図鑑を参照し書き出してみた。
アキヤマタケ⇒傘の表面は橙黄~レモン色で湿っているとき粘性があり、放射状の条線がある。
         ヒダは上生、やや疎、淡黄色。
         柄は粘性なし。
キヤマタケ⇒傘の表面は中央山吹色、周辺に向かって淡色となり黄色。平滑、湿っているとき粘
         性があり、乾くとフェルト状となる。周辺には放射状の条線がある。
         ヒダはや垂生、やや広幅、やや疎。黄色、縁部は淡黄白色。
         柄は湿っている時に弱い粘性。黄色。
ツキミタケ⇒傘はレモン色で湿っているとき著しい粘性がある。周辺には放射状の条線がある。
        ヒダは上生から湾生。幅広くやや疎。淡黄色。
        柄はやや細く、上下同幅。黄色。湿っている時に弱い粘性。

東北きのこ図鑑のメモにキヤマタケは「ツキミタケに似るが同種(ツキミタケ)はより大型で、ヒダのつき方(上生~湾生)で区別がつく。」と記述がある。また次種の項でアキヤマタケとツキミタケの区別は難しいと書かれている。
 

上は最初の写真と同一場所で翌年撮ったもの。粘性の有無は確認していないがヒダは拡大してみると湾生。
 ヒダのつき方から言えば上の種は、アキヤマタケではなくツキミタケの可能性が強い。

下の種は10年前にO町で撮ったもの。やや窪地に発生し傘に粘性がある。粘性のある節からいえばキヤマタケの可能性が強いものの、ヒダのつき方の確認はしていない。
やや垂生であればキヤマタケ
上生であればアキヤマアケというところだろうか。

この仲間の写真をとるときは、粘性の有無とヒダのつき方が大きなポイントになるのかな?、と思わされた。

2015年3月10日火曜日

チャサクラタケ(青木仮称)

たぶんチャサクラタケだろうと昨年10月に撮っていた写真

 もしかしたら、サクラタケの仲間で図鑑にあるかもしれないと図鑑を見てみたがサクラタケ節の項では見つからなかった。
 下のURLの写真もたぶんサクラタケの品種か変種で茶系種なんだろうと思う。
http://web.micolosa.net/wp-content/uploads/detalle-mycena-pura-FILEminimizer.jpg

------------------
 これまで、「私が」なんだけどサクラタケについて随分混同していた。

下はよく見かける薄いパープルピンク色(もしかしたらサクライロタケなのかもしれない)。
HPのサクラタケ(下の写真を使用)は間違っている可能性が強い・・・(写真差し替え済

傘も柄も桃紫色のサクラタケは何度か見かけているのに残念ながら写真は撮り損ねていた。
下の写真は色が濃いものの柄が淡色。

今年は、サクラタケの仲間を見かけたら写真を撮り、もう少し整理出来たらと思っている。

===================

以前(昨年10月きのこメモに掲載)、シロサクラタケと思っていた種は
サクラタケの変種ではなく、
Mycena rosea(和名サクライロタケ)の品種としてMycena rosea f. candidaとして図鑑に掲載されていた。


追記
北陸きのこ図鑑No252のシロサクラタケはMycena subaquosa A.H. Sm.の学名が当てられているがM. subaquosa は、Mycena pura f. alba のシノニムとなっている。
M. pura f. albaは写真を見る限り(イタリア語は全く解らない)、傘の中央部付近が薄い褐色のクリームかかった白い傘で、柄も傘の中央部付近と同色。