2015年3月29日日曜日

ミヤマナメツムタケ(青木仮称)?

  2月3月は過去の写真を結構な時間眺めていた。下の写真は2010年6月4日に撮っていたものでウッドチップ上にかなりの範囲で束生していた。当時現場で手にとってみたものの全く分からず、あまり気にも止めていなかった。
 
下はやや老成

先日、たまたまPholiotaで画像検索していると、あの時のきのこ(上の写真のきのこ)と似ていると目に留まったのが下記URLのきのこ。

 日本産きのこ目録でPholiota malicola を検索してみると学名がPholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm.で、ミヤマナメツムタケという和名(青木仮称)のあることが分かった。

 ここから頭の中がこんがらかり始めた。

日本産菌類集覧を見るとPholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm. & Hesler var.macropodaにカオリツムタケの和名が与えられている(日本新菌類図鑑も)。
さらにIndex Fungorumを見てみると
http://www.speciesfungorum.org/Names/SynSpecies.asp?RecordID=270422
 var. macropoda も var. malicola も
Pholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm.のシノニムになっている。
えっ、カオリツムタケはミヤマナメツムタケと同じ?


で、日本産きのこ目録と日本のきのこ(増補版)を見ると、カオリツムタケの学名は
Pholiota alnicola (Fr.) Singerに変わっている。
やはりカオリツムタケはミヤマナメツムタケとは違うきのこだ、に私の頭は落ち着いた。
にしても、カオリツムタケの学名は、いつ、どこで、誰が、変えたんだろう。
変えたというより
「カオリツムタケの学名は違っていた」だったのかもしれない・・・?。

なワケでPholiota malicola に、ちと翻弄されてしまった。
上の写真は5年も前で再度同じ場所に出るなんて保証も何もないけれど
青木さんが詳細に記録しているので
同一種かちょっと調べてみようかな?という気になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿