2015年7月27日月曜日

今年ツエタケ第1号

 夜半まで降っていた雨が上がり、お天気予報でも降雨がないので久々に羊蹄山麓へ出かけてきた。
 小さなホウライタケ属やクヌギタケ属などのリター菌が所狭しと発生していた。そんな中、今年初のツエタケ属を2個見つけた。たぶんオキナツエタケとフキアゲマルミノツエタケだろうと思いつつも、もしかしたら違うかもしれないと採取してみた。
オキナツエタケ

フキアゲマルミノツエタケ
家に帰ってきてから顕微鏡で覗いてみると、予想通りオキナツエタケとフキアゲマルミノツエタケだった。
 この他に「あ、これモウセンアシベニイグチだよね」と写真を撮ってみたのだけど、写真はイマイチ

それとキゾメチャワンタケ(青木仮称)に久々に出会った。

傷をつけると黄変しているのと、胞子はイボイボなのでたぶんキゾメチャワンタケで良いのだろうと思う。
コットンブルーでイボイボがよく染まるという記述をみて、コットンブルーで試しにマウントしてみた。


この他にテングタケ属、ベニタケ属、ニセアシナガタケ属やイッポンシメジ属菌、ハチタケやサナギタケなどの虫草、アセタケ属、イグチ類もあった。いよいよ夏シーズン本場だなぁなんて思いながら、もっと近場で色んなきのこが見れたら良いのに、最近は年のせいか羊蹄山麓はちと遠いと感じながら帰ってきた。