2016年10月24日月曜日

初雪

 とうとう初雪が降った。空からチラチラと静かに舞う優しい雰囲気じゃなくて、強い風に煽られるようにアラレと霙(みぞれ)が降り、その合間に一瞬「あ・・・雪だ」って感じ。そんな荒れた初雪だと、この冬はどんな冬になるのだろう。
 先日まで、結構暖かい日があったので、今年は雪虫予報が当たらないかもしれないと思っていた。けれど、雪虫が飛び始めて2~3週間で、やはり初雪となった。

---------------

 今年は、この季節すでに見られるはずのシモフリシメジやムラサキシメジ、ムキタケなどの発生が今一つ(私がフィールドとしている地域)。
 遅れているのか、今年は発生しないのか、そんなことを思いながら3日前のこと防風林を歩いた。防風林ではヌメリスギタケが若干出ている程度だった。そんな中、多分Lepstaだろうと手にしたきのこがあった。
  撮影は翌日になり、多少乾燥してしまった。

 このきのこ、もしかしたらLepista ricekiiではないか?と思ったのだ。
でも、このきのこはL. ricekiiと胞子サイズが概ね合っているものの〔(3.6)4.1-5.1(5.8)×(2.6)2.9-3.5(4.1)μm〕臭い味とも温和、それに胞子にイボイボがなく平滑。Lepistaではないのかと何度もカバーグラスに胞子を採り検鏡してみた。
イボ状あるいは粗面でもないとなると、Clitocybeなのかな?
種にたどり着けないのもガッカリだけど、あるだろうと思っていたイボ状がないことにもガッカリ・・・。 

KOH

フロキシンB

コットンブルー



さて、どうしたものか・・・

 私は超くじ運が悪い。8月に、お気に入りの写真を送って応募する某キャンペーンがあった。景品を見るとオットマンの座り心地の良さそうな椅子が目に入った。その他の景品もあったが、オットマンの椅子目当てに、そういえば腕時計が無いし見やすそうな腕時計も一つ・・・。オットマンの椅子は2名だし腕時計も3名、当たるはずもないと思いつつ何点かの写真を送り、応募してみた。
 それが、締め切りもかなり過ぎたある日「当選しました」のメールが届いた。当たったのはオットマンの椅子ではなく、「アップルスマートウォッチ」。景品の画像を見て腕時計と思っていたのは「スマートウォッチ」だったのだ。この時「スマートウォッチって、何だ?」と、その存在を初めて知った。どうやら、スマートフォンと連動して使うものらしい。
 自慢じゃないけれど、私はガラケー。しかもメールやインターネットはPCのみなので、携帯は通話と歩数計、それと時計代わりに使用するのみ(つい最近、たまにショートメールなるものも使うようになった)。スマートウォッチは腕時計としても使えるだろうけど、どうやら私には無用の長物のような気がする。で、帰省していた娘に話し貰ってもらおうとしたら「要らない」と無下に断られてしまった。
 その「アップルスマートウォッチ」が数日前に届いた。さて、どうしたものかとまだ未開封のままになっている。

2016年10月10日月曜日

Entoloma speculum ?

 雨降りだったので出かけるつもりははかったが、雨が上がり、近場のアカエゾマツ林に行ってみることにした。しかし、車を走らせていくうちに雲行きは怪しく次第に暗くなり、目的地に着いた時には雨が本降りとなった。折角来たのだし、カッパを着て傘を差しながら歩いた。
 これは持って帰ってから撮るなんて出来ないよな・・・と、カメラを取りに戻りチシオタケの写真を撮った(現場での写真はこれだけ)。
他にも、ヤギタケ・アカモミタケ・キハツダケ(群生状態)・ヌメリアカチチタケ・クロノボリリュウ・シロノボリリュウ・アイシメジやミヤマタマゴタケ・アカゲシメジ・サクラタケなど、それと種名のわからないイッポンシメジ属やベニタケの仲間なども出ていた。

 下は採取したきのこのひとつ 

このきのこは、シスチジアがなく縁部や縁部に近い側にmarginal cellがある。

胞子は (8.1)8.8-10.0(11.0)×(6.6)7.3-8.6(9.7)μm
Q:1.01-1.42 Ave.1.19 n=100

たぶんEntoloma speculumではないかと思う。
http://www.scmycoflora.org/genera/entoloma/entoloma-species.php 

下はかなり開きにくいのだけど、WEB上でも見られるということでURLをメモ。
http://repository.naturalis.nl/document/570070

2016年10月8日土曜日

雪虫

 きょうは札幌キノコの会の観察会にお邪魔した。
観察会が終わってから、明日日曜日、きのこ展を開催する支部があり
展示のためのホンシメジを採集するそうで、Sさんから「写真を撮るかい?」と声を掛けていただき
同行させていただいた。
 案内されたところは、どこをどんなふうに車で山道を走ったのか、一人では絶対来ないというような場所。着いてから皆で山肌をホンシメジ探し。やがて、Sさんの仲間が、株になり更に菌輪を描いているホンシメジを見つけられた。これまで自分が見つけたことのあるホンシメジとは雲泥の差。山肌を歩いた疲れなど吹っ飛んだ
 

 昨日、羊蹄山麓に出かけた。中山峠は夜半に少し雪が降り、その雪が薄っすら笹の葉の上に残っていた。そろそろ里に雪虫が飛んでいるかもしれないと思った。羊蹄山麓ではその姿を見かけず、今月に入り急激に寒くなったけれど、初雪はもしかしたら11月になるかもしれないと思った。
 しかし、今日札幌で雪虫が飛んでいるのを見かけた。たぶん2~3週間で初雪が降るだろう・・・。
雪虫を見ると、いよいよ、きのこシーズンも終わりに近づいた、そんなことをふつふつ思わせられる。

 そうそう、きのう初めて見るきのこがあった。アカエゾマツの腐朽切株にきのこが束生し、遠目にクリタケモドキだろうかと思った。 しかし、そばに来て見ると、どうも雰囲気がちがう。手に取ってみるとヒダが薄い紫灰色になっていない。ツバは蜘蛛の巣皮膜のような薄い膜がある。○○ツムタケの仲間であろうか?と齧ってみたが、味はいたって温和。種名にたどり着くかどうかわからないけれど、採集することにした。
 他にも気になるきのこがあり、とりあえず乾燥標本にして、追々観察していこうと思う。


2016年9月29日木曜日

ヌメリササタケ

 きょうは、科博のきのこ展にきのこを送るためきのこ採取に出かけた。そこできのこ探索に来ていたご夫婦とお話をした。以前、札幌に住んでいて今は静岡県に戻られ、年に一度北海道にやってきて、きのこを楽しんでいるとのこと。娘さんが札幌キノコの会に入っているらしい。きっと「きのこ一家なんだろうな」と、話を聞きながらきのこに詳しい様子も伺えた。

 そのご夫婦と話をする前に、何だろうと採取していたきのこを見ていただいた。

「ヌメリササタケではないだろうか」とご主人。奥様が「ヌメリササタケってこんなに柄が太い?」。
お二人に見せた幼菌は 採取した中でも結構柄が太かった。それと、私も、これまで見たことのあるヌメリササタケは、針葉樹林に発生し、傘色がもっと濃く、もう少しスレンダーだったような気がする。傘色が薄く傘縁が藤色になっているのは見たことがない。さて、ヌメリササタケであろうか?

 家に帰って来てから、きのこを送付した後、残った何本かの幼菌を試食してみることにした。
洗いながら、かなり粘性が強く、思わず「ぬるりんぼう」という言葉が連想され
たしか、ヌメリササタケってそんな別名があったよなと思いながら・・・
それにしても粘性が強いせいか、ゴミの取れないこと取れないこと
爪でこすりながら流水で何とか取り除いたけれど
粘性の強いきのこのゴミの取り方は、皆さんどうやっているのだろう。
湯がいて冷ましてからポン酢で食してみた。柄は歯ごたえのある感じで
なかなか美味しいではないか!

ヌメリササタケをネット検索してみると
広葉樹林にも出ることが書かれている。それと【ヌメリササタケは広葉樹林に発生するものと針葉樹林に発生するものとでかなり違いがあると言われています。】
なるほど・・・。
どうやら、あのご主人が言われたように、ヌメリササタケ だったようだ。


2016年9月28日水曜日

Agrocybe firma

このきのこ、最初ナヨタケ属のきのこだろうと思っていた。

でも、検鏡してみると胞子サイズを測るまでもなく、おそらくAgrocybe firma。
Agrocybe firmaに和名はあるのだろうか、と日本きのこ目録を見てみると「ツバナシヤナギマツタケ」という和名があるようだ。どこでその和名がついたのか見てみると、日本菌学会関東支部と書かれている。たぶん、正式に報告されたのではなく、支部発行物で誰かがツバナシヤナギマツタケと仮称を付けたのではないだろうか・・・。で、Agrocybe firmaはヤナギマツタケに似ているのだろうか?
 実際にヤナギマツタケを見たことがないので、何とも言えないけれど・・・。かなり腐朽した倒木あるいは埋もれた材からの発生で、これがツバナシヤナギマツタケ?と、ちょっとピンと来ない。

-----------追記-------------
K徳さんからメールをいただいた。
ツバナシヤナギマツタケは青木氏仮称であること
また Agrocybe firmaには、長沢先生がミヤマオキナタケと仮称を付けられていること
など教えていただいた。

K徳さん、ありがとうございました!

Melanoleuca

 数年前、オオザラミノシメジが乾燥気味で白っぽくなったのかな?と、手にしたきのこがあった。その後、オオザラミノシメジではないような気がして、再度見かけたら調べてみたいと思っていたそのきのこに、昨日出会うことが出来た。
傘径は大きいもので15~6㎝に達し、乾燥で白っぽいのではなく、やはりこのような色合いなのだと再確認した。
 家に帰って来てから、ブツ撮りしてみると、林内で見たときの色合いと違う。



 日本きのこ目録 で「ザラミノシメジ」と検索してみると、見慣れない種名が出てきた。オオシロザラミノシメジMelanoleuca candida (Velen.) Singer。その学名をGoogle検索してみると殆どヒットせず、
http://smd38.fr/documents/fiches_techniques/toutes_especes/Melanoleuca%20evenosa.pdf
↑には、M. candidaがM. evenosaのシノニムとなっているが
MycoBankやIndex Fungorumを見てみても、シノニムとはなっていない。
いずれにせよ M. evenosaではなさそうだ。

 さらにWeb検索していて、どうも M. subbrevipesという種に似ているぞ、と・・・
ところが、Index FungorumではM. subbrevipesはオオザラミノシメジM. grammopodia のシノニムとなっている。
 やはりオオザラミノシメジなのかなぁ・・・?

 下は胞子と傘表皮の写真。

胞子表面のイボはアミロイド、胞子盤がある。


 シスチジアは、Melanoleucaというと、便腹状紡錘形に結晶のある・・・なんてイメージしていたが
見つけることが出来なかった。
下は消しゴム式で組織をばらしてみた。


 シスチジアは自分が見つけ出せないだけかもしれないが、少なくとも便腹状紡錘形のシスチジアはない。


2016年9月14日水曜日

久しぶりの投稿

昨日、今日ときのこ採集に出かけていた。

昨日初めてイヌムラサキシメジに出会った。
この紫色、のちに退色するらしい。胞子の形態に違いがあるものの、成菌の外観は図鑑なんかを見ると他のカヤタケなどのきのこと区別が難しいみたい。

下のきのこは、タカネイタチタケ。

もう少し湿気があれば、傘は淡いワイン色を 呈している。ピンクっぽいヒダを見たとき、一瞬
Entoloma?と首を傾げたが、Entoloma のピンク色とは違っていて、こちらは桃灰色という感じ。家に帰って来てヒダを少し切り取って顕微鏡でシスチジアを見た。やはり、タカネイタチタケだった。

下は以前F氏から送られたタカネイタチタケを検鏡した時の線画



  今日はフウセンタケを採集したが、名前がありそうなのに見つけられない。



それと下のフウセンタケは10日前に行った時の幼菌を撮ったもの
で、今日同じ種を撮った。
幼菌と成菌では、全然違う。きっと、図鑑の1枚の画像のみで絵合わせしようなんて
フウセンタケ属の場合、無理があるんだろうな・・・と思う。

下の画像は、よく見かけているキノコ
これも名前があるんだろうと思っていたが、日本ではまだ未報告のようだ。
Lactarius lacunarum
乳液は白色から黄色に変わる

やっちゃいけないかな・・・と思いつつ、Boletus spだとどのBoletusを言っているのかわからない。個人的に「ウツロイヤマドリタケ」なんて名前を付けて、他のヤマドリタケと区別することにした。

2016年8月13日土曜日

大菌輪「論文3行まとめ」

 大菌輪を眺めていて、何気にFeedlyというのが目に留まった。
どのくらい前であったろうか、「論文3行まとめ」を見ていて、なるほど~と眺め
以来それをちょこちょこと拝見している。で、そのFeedlyというのは、(たぶん)登録すると新情報が毎回メールで送られてくるのかな?
 そういえば、このブログガジェットにもFeedというのがあって、もしかしたら自分のブログから
その新情報更新が都度見られたら便利かもしれないと、そのFeedというガジェットを試してみた。
 人様の情報更新を自分のブログに掲載して良いのかな?・・・と戸惑いつつも、「あ、出来た」。
断りもなしに、まずいかなぁ・・・。

2016年8月4日木曜日

まさかね・・・

 まさかね・・・と試しに
一昨日(8月2日)採集したベニヒダタケ(乾燥させた)の柄を検鏡してみた。
まさかが・・・アタリだった。
 柄シスチジア
下は追加画像

 柄シスチジアがあり、ベニヒダタケとは別種ということになるらしい。
近々、和名が公開される種と、どうも同種のようだ。

2016年8月2日火曜日

ベニヒダタケ

 数日前、結構な量の雨が降った。そろそろ色々なイグチ類が出てき始めているのではとS川市に行ってみた。残念ながらまだだった。タマゴタケがあちらこちらで出始めていて、鮮やかさに誘われて写真を撮ろうとすると「メモリーカードが入っていません」。「やっちゃった、ドジ」、バッテリーを交換してOKと思い、メモリーカードはそういえばカードリーダーに差し込んだままだった。やっぱりサブ機は必要だよね・・・と思いながら、いつも回るコースの半分も歩かず、帰ってきた。

 防風林も気になったので立ち寄ると、黄色いウラベニガサ属のきのこが出ていた。キイロウラベニガサの出ている倒木から10数メートル離れた場所の別な腐朽倒木で、これまで見たものより随分と大きい。キイロウラベニガサってこんなに大きくなるのかな?と柄を見てみると、何となく少し違うみたい。
 持ち帰り写真を撮り、傘表皮を少しだけ剥ぎ取り顕微鏡で見てみると、柵状被ではなく、菌糸が並行からやや絡み合い組織になっている。ああ、これが本物のベニヒダタケ?・・・しかし大きさは違えどキイロウラベニガサとよく似ている。でも、こちらの方が鮮やかな黄色かな・・・。


2016年7月9日土曜日

キイロウラベニガサ

先日、防風林で採取したのはキイロウラベニガサなんだろうな・・・と思いつつ
検鏡してみた。
まだ計測はしていないもののなんだかちょっと首を傾げている。


 キイロウラベニガサによく似たきのこに、 Pluteus admirabilisがあり、
更に Pluteus chrysophlebiusなんていうのがある。
http://www.mushroomexpert.com/pluteus_chrysophlebius.html
 
「北海道産ハラタケ類の分類学的研究」にキイロベニヒダタケが載っていて、そこにP. chrysophlebiusの傘表皮は無色とあるが、比較はそのP. chrysophlebiusとキアシベニヒダタケのみでPluteus admirabilisには触れられていない。

キイロベニヒダタケは黄褐色~淡褐色の色素を含むと書かれている。しかし乾いてくると黄色の色素は退色したり、組織をばらすために、カバーカラスの上を擦るとすぐに退色してしまう。

さて、縁シスチジアや側シスチジアは同じ形が揃っているわけでなく、
果たして、キイロウラベニガサの範疇に入るのかな?
縁シスチジアや傘シスチジアにはしばしば イボのような突起や稀に指状の突起も見られるので
P. admirabiliではないのかな・・・という気もするのだけど・・・。

先日、旭川のFさんから預かった標本は(子実体の外見は上の写真とよく似ている)
これまた、側シスチジアの形状が違っている(傘シスチジアは有色)。

旭川のFさんから預かった標本の側シスチジア

と、この数日このキノコにちょっと惑わされている。

----------------------

チョイメモ
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4329323/ 
 http://www.fs.fed.us/nrs/pubs/jrnl/2014/nrs_2014_menolli_001.pdf
http://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2010/00000112/00000001/art00017?crawler=true
https://www2.clarku.edu/faculty/dhibbett/Reprints%20PDFs/PDFs_2014/justo-et-al-2014-pluteus.pdf


2016年6月27日月曜日

Hebeloma

時折見かけているHebeloma
Hebelomaは、見かけてすぐHebelomaだと分かるけれど、では何という種?というと分からない。
かつては国内の図鑑の絵合わせで、「多分これだろう」とか「おそらくあれだろう」で
それが今もそのまま引き続いている。

先日もHebelomaに出会い、「多分」とか「おそらく」から一歩先へ進めたら良いなぁと
採取してきた。
ピンぼけだけれど何とか分かると思う

胞子は大きいのやら小さいのやら結構ばらつきがある
 
縁シスチジアは汚い画像だけれど・・・
(ホントは線画で表示出来れば良かったんだけどね・・・)


スイスの菌類図鑑を見てみると、目をパチパチ・・・
縁シスチジアはどれもこれも似たり寄ったりではないか
傘表皮だって似たり寄ったりではないか
柄シスチジアだって似たり寄ったりではないか
では胞子サイズが重要なのか?

う~ん、これ可愛くない!と思わず思ってしまった。
Hebelomaはやらんと思ってしまった。

 日本産きのこ目録でワカフサタケを検索すると仮称種がやたらと多い。
仮称種が多いのは、たぶん図鑑記載と一致していないからだろうけど何か腑に落ちない。
腑に落ちないけど、私の手に負える種ではないと実感した。

2016年6月24日金曜日

狂い咲き?

 何日か前に、ヤマドリタケがもう出ているなんて情報が入っていた。まだ6月なのにと思いつつ、もしかしたらS川市もモドキが出ているかもと気になっていた。S川市では毎年7月の下旬頃から色んなキノコが出始めるけど、今時期はいつだってサッパリなんだよね。
 でもまぁ、運が良ければツエタケにも出会えるかもしれないし、確認してくるつもりで 行ってみた。やはり「サッパリ出ていなかった」だった。流れかけたヤマイグチ3個とくたびれたベニタケ属のきのこがいくつか。そうそう、こんなのがあった。
 オツネンタケモドキのように管孔は微細、でも黒すぎる。
 こんなに黒いオツネンタケモドキもあるんだろうか?

お隣の市の某公園に行くと今年初めての草刈りだったのか下草がぼうぼうに伸びていた。、草刈り作業の邪魔にならないように歩くと、ここでもきのこは出ているとは言い難かった。下草がぼうぼうに伸びているそんな草むらに「あっ!」と見つけたきのこがあった。
傘径は7~8㎝あり、最初Agaricus augustusかと思ってしまった。
でも、そんな期待はすぐに裏切られた。
スギタケ?
スギタケってこんなに鱗片がモサモサだったっけ?
すぐそばに、こんなのも出ていた。
これ、ハタケシメジだよね・・・
こんな時期から出るきのこだった?
スギタケもハタケシメジも、もしかしたら狂い咲きしている?
 もう一つ寄った場所では殆ど何もない状態だった。今時期はきのこの少ない時期なんだよね、と自分に言い聞かせながら 帰路についた。T町に入り間もなくSさんから電話が入った。「S公園に来てください,ヤマドリタケがボコボコ出ています」と、ちょうどS公園の近くを走っていたので、2~3分でS公園に着いた。Sさんの言うように幼菌がいくつもあり大きく開いたものもあった。何だか灯台下暗しの感がした。

ここではこんなのもあった。
ユキワリ
それと今時期に?
色もあせ流れかけているけれど
普通、秋から晩秋に出ているきのこだよねぇ・・・
ユキワリとベニテングタケが同時に出ているなんて、やはり、ちょっと狂い咲きしてるんじゃないかなぁ・・・ 。