2016年5月6日金曜日

Coprinellus ②

先日のCoprinellus spをもう少し調べてみたくて再度探しに出かけたものの見つけられなかった。

下の写真はキララタケ、もう出てきているんだ・・・と思いながら写真を撮った。

先日のCoprinellus spは雲母がありキララタケとよく似ているのでキララタケ節と思い込んでいた。
スイスの菌類図鑑を見ていて、胞子の形態が少し違うけれど
Coprinus xanthothrix (Coprinellus xanthothrix) の可能性もあるかな?と、Coprinus-siteを見直してみた。
 するとC.xanthothrixは Domestici という亜節に属していて、では節は何?とみるとVeliformes節。 このVeliformes節にキララタケ亜節も入っている。

キララタケはキララタケ節ではないんだ・・・。と分かった。

Domestici亜節とキララタケ亜節では、どうやら厚壁菌糸がKOHまたはアンモニアで変色するかしないかの違いがあるらしい。

それと、Veliformesを検索してみると、こんなのを見つけた。これはURLをメモ。
http://www.repository.naturalis.nl/document/569780

0 件のコメント:

コメントを投稿