2016年9月28日水曜日

Agrocybe firma

このきのこ、最初ナヨタケ属のきのこだろうと思っていた。

でも、検鏡してみると胞子サイズを測るまでもなく、おそらくAgrocybe firma。
Agrocybe firmaに和名はあるのだろうか、と日本きのこ目録を見てみると「ツバナシヤナギマツタケ」という和名があるようだ。どこでその和名がついたのか見てみると、日本菌学会関東支部と書かれている。たぶん、正式に報告されたのではなく、支部発行物で誰かがツバナシヤナギマツタケと仮称を付けたのではないだろうか・・・。で、Agrocybe firmaはヤナギマツタケに似ているのだろうか?
 実際にヤナギマツタケを見たことがないので、何とも言えないけれど・・・。かなり腐朽した倒木あるいは埋もれた材からの発生で、これがツバナシヤナギマツタケ?と、ちょっとピンと来ない。

-----------追記-------------
K徳さんからメールをいただいた。
ツバナシヤナギマツタケは青木氏仮称であること
また Agrocybe firmaには、長沢先生がミヤマオキナタケと仮称を付けられていること
など教えていただいた。

K徳さん、ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿