2016年9月29日木曜日

ヌメリササタケ

 きょうは、科博のきのこ展にきのこを送るためきのこ採取に出かけた。そこできのこ探索に来ていたご夫婦とお話をした。以前、札幌に住んでいて今は静岡県に戻られ、年に一度北海道にやってきて、きのこを楽しんでいるとのこと。娘さんが札幌キノコの会に入っているらしい。きっと「きのこ一家なんだろうな」と、話を聞きながらきのこに詳しい様子も伺えた。

 そのご夫婦と話をする前に、何だろうと採取していたきのこを見ていただいた。

「ヌメリササタケではないだろうか」とご主人。奥様が「ヌメリササタケってこんなに柄が太い?」。
お二人に見せた幼菌は 採取した中でも結構柄が太かった。それと、私も、これまで見たことのあるヌメリササタケは、針葉樹林に発生し、傘色がもっと濃く、もう少しスレンダーだったような気がする。傘色が薄く傘縁が藤色になっているのは見たことがない。さて、ヌメリササタケであろうか?

 家に帰って来てから、きのこを送付した後、残った何本かの幼菌を試食してみることにした。
洗いながら、かなり粘性が強く、思わず「ぬるりんぼう」という言葉が連想され
たしか、ヌメリササタケってそんな別名があったよなと思いながら・・・
それにしても粘性が強いせいか、ゴミの取れないこと取れないこと
爪でこすりながら流水で何とか取り除いたけれど
粘性の強いきのこのゴミの取り方は、皆さんどうやっているのだろう。
湯がいて冷ましてからポン酢で食してみた。柄は歯ごたえのある感じで
なかなか美味しいではないか!

ヌメリササタケをネット検索してみると
広葉樹林にも出ることが書かれている。それと【ヌメリササタケは広葉樹林に発生するものと針葉樹林に発生するものとでかなり違いがあると言われています。】
なるほど・・・。
どうやら、あのご主人が言われたように、ヌメリササタケ だったようだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿