2016年10月24日月曜日

初雪

 とうとう初雪が降った。空からチラチラと静かに舞う優しい雰囲気じゃなくて、強い風に煽られるようにアラレと霙(みぞれ)が降り、その合間に一瞬「あ・・・雪だ」って感じ。そんな荒れた初雪だと、この冬はどんな冬になるのだろう。
 先日まで、結構暖かい日があったので、今年は雪虫予報が当たらないかもしれないと思っていた。けれど、雪虫が飛び始めて2~3週間で、やはり初雪となった。

---------------

 今年は、この季節すでに見られるはずのシモフリシメジやムラサキシメジ、ムキタケなどの発生が今一つ(私がフィールドとしている地域)。
 遅れているのか、今年は発生しないのか、そんなことを思いながら3日前のこと防風林を歩いた。防風林ではヌメリスギタケが若干出ている程度だった。そんな中、多分Lepstaだろうと手にしたきのこがあった。
  撮影は翌日になり、多少乾燥してしまった。

 このきのこ、もしかしたらLepista ricekiiではないか?と思ったのだ。
でも、このきのこはL. ricekiiと胞子サイズが概ね合っているものの〔(3.6)4.1-5.1(5.8)×(2.6)2.9-3.5(4.1)μm〕臭い味とも温和、それに胞子にイボイボがなく平滑。Lepistaではないのかと何度もカバーグラスに胞子を採り検鏡してみた。
イボ状あるいは粗面でもないとなると、Clitocybeなのかな?
種にたどり着けないのもガッカリだけど、あるだろうと思っていたイボ状がないことにもガッカリ・・・。 

KOH

フロキシンB

コットンブルー



0 件のコメント:

コメントを投稿