2016年10月8日土曜日

雪虫

 きょうは札幌キノコの会の観察会にお邪魔した。
観察会が終わってから、明日日曜日、きのこ展を開催する支部があり
展示のためのホンシメジを採集するそうで、Sさんから「写真を撮るかい?」と声を掛けていただき
同行させていただいた。
 案内されたところは、どこをどんなふうに車で山道を走ったのか、一人では絶対来ないというような場所。着いてから皆で山肌をホンシメジ探し。やがて、Sさんの仲間が、株になり更に菌輪を描いているホンシメジを見つけられた。これまで自分が見つけたことのあるホンシメジとは雲泥の差。山肌を歩いた疲れなど吹っ飛んだ
 

 昨日、羊蹄山麓に出かけた。中山峠は夜半に少し雪が降り、その雪が薄っすら笹の葉の上に残っていた。そろそろ里に雪虫が飛んでいるかもしれないと思った。羊蹄山麓ではその姿を見かけず、今月に入り急激に寒くなったけれど、初雪はもしかしたら11月になるかもしれないと思った。
 しかし、今日札幌で雪虫が飛んでいるのを見かけた。たぶん2~3週間で初雪が降るだろう・・・。
雪虫を見ると、いよいよ、きのこシーズンも終わりに近づいた、そんなことをふつふつ思わせられる。

 そうそう、きのう初めて見るきのこがあった。アカエゾマツの腐朽切株にきのこが束生し、遠目にクリタケモドキだろうかと思った。 しかし、そばに来て見ると、どうも雰囲気がちがう。手に取ってみるとヒダが薄い紫灰色になっていない。ツバは蜘蛛の巣皮膜のような薄い膜がある。○○ツムタケの仲間であろうか?と齧ってみたが、味はいたって温和。種名にたどり着くかどうかわからないけれど、採集することにした。
 他にも気になるきのこがあり、とりあえず乾燥標本にして、追々観察していこうと思う。


2 件のコメント:

  1. 最近猫好きになりました。2016年10月8日 22:30

    見事でしたね~。
    そして、美味しい。
    〇〇ツムタケですが、私はカラマツの切り株で見てカ〇〇ツムタケかなと
    思っています。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      カ〇〇ツムタケですか~
      でもニオイは全くないんですよね。

      ここでチョット突っ込んで
      カオリツムタケPholiota alnicola (Fr.) Singer
      ミヤマナメツムタケPholiota malicola (Kauffman) A.H. Sm.
      IndexFnugorumでは別種扱いになっていますが
      MycoBankではFlammula alnicola (Fr.) P. Kumm.のシノニムになっています。

      青木実検索図版では
      カオリツムタケ 強い芳香がある
      ミヤマナメツムタケ 強い芳香はない
      と分けています。
      ミヤマナメツムタケは青木仮称ですけれど、検鏡を含め
      ミヤマナメツムタケとしておきたい、そんな風に思っています。

      「最近猫好きになりました。」さん
      ニャンコのお名前、是非ハンドルネームになさってください。
      希望します(^m^).

      削除