2017年5月4日木曜日

コキララダマシ②


先日のCoprinellusの線画を作ってみた。
図版の記載をよく読まず、線画図のみを見て、コキララダマシではないかもしれないと思ってしまった。けれど、よく読むと柄シスチジアのところで「時に先が2~3に分岐するものがある。」と書かれていて、私が見たものは、青木氏が観察したコキララダマシと同種として良いのだと思う。

 今回 Coprinellusをまともに(自分としては)調べたのは初めて。でも、あぁ・・・この種も胞子は長径と短径の他に厚さも計測するんだ・・・と、図版やスイスの菌類図鑑、そしてKees Uljeeさんの記載を見て初めて分かった。
 柄シスチジア以外は Coprinellus xanthothrixと概ね同形で、青木氏は柄のシスチジアの長さの違いからCoprinus spとしたのかな?と、そんなことをふつふつ思わされている。


 下は青木図版のコキララダマシ。




2017年4月29日土曜日

コキララダマシ

 昨日、札幌あたりのサクラの開花宣言がやっと出された。
そろそろ、自分も始動しなくっちゃなぁ・・・と、近くの防風林へ出かけてみた。
目的はコキララダマシ(青木仮称)。
 このきのこは、キララタケやコキララタケに先駆け春一番に出るきのこ。特に珍しいきのこではないが、きちんと記録を作っておきたいと思いながらすでに何年も経っていて、気になっているきのこのひとつ。

コキララタケと似ているが、単生で発生していることが多く、束生してもせいぜい2~3本程度。コキララタケやキララタケと大きく違うのは、縁シスチジアにフラスコ形(あるいはビン形)のシスチジアがある、ということだろうか。
 
青木図版(No1143)によれば、【Coprinus sp】とあるが、もしかしたら【Coprinellus xanthothrix (Romagn.) Vilgalys】ではないのかな?という気がしている。
 断片的な観察では断定することが出来ず 、やはり総合した観察を要するかな・・・。


-------------
追記
柄シスチジアを見て、ちょっと・・・いや・・・かなり・・・ショック!
もしかしたら、コキララダマシと違うかもしれない。 


下はVeil(傘表面の鱗皮) 

下は傘表皮


2017年1月21日土曜日

クロカワの学名

ある資料を作成していて
ふとクロカワの学名の違いに「はて?」と目が留まった。

山渓の新版「日本のきのこ」 2011を見ると学名はBoletopsis leucomelaena Pers.
日本産菌類集覧2010を見てもBoletopsis leucomelaena (Pers.:Fr.) Fayod
ところが
日本産きのこ目録2016で、クロカワは Boletopsis grisea (Peck) Bondartsev & Singer
B. leucomelaenaは、ミヤマクロカワとなっている。

クロカワの学名って、どちらが正しいのだろう?