2017年12月5日火曜日

類縁種?

 先日、関西に住まわれているSさんからメールをいただいた。
HPに載せている Tricholoma squarrulosum(=Tricholoma atrosquamosum var squarrulosum)について尋ねる内容だった。
HPに載せていたTricholoma squarrulosum

  5年前の2012年8月25日に採集し、その時はクロゲシメジ(Tricholoma atrosquamosum)に近いとは思いつつ何だろうと分からなかった。その後【The genus Tricholoma】(Morten Christensen & Jacob Heilmann-Clausen著 2013)に、「これこれ」とそっくりなきのこを見つけた。よく調べもせず絵合わせで、Tricholoma squarrulosumとHP に掲載してしまった。 
下は図鑑の写真(複写は反則かな?)   
 しかし、その写真の下にある文字に[af T. squarrulosum]とあり、今更ながらなんだけどofと思い込みafを見落としていたことに気が付いた。「af.」または「aff.」はaffinityの略で類縁の意味があり、しばしば属名と種小名の間に入り使われている。afにピリオドは使われておらず、ofなのかafなのかよく分からないけれど、もしかしたら類縁種の紹介を、私が勘違いしてしまったのかもしれない。

「確か…乾燥標本があったはず」と今になって5年前の乾燥標本をやっと検鏡してみた。
ヒダ縁にはおびただしいシスチジアがある 。
 縁シスチジア
 担子器は18.5-29.9μm、基部のクランプは明瞭にある。
 胞子は組織から離れたものを拾い計測
  傘表皮の鱗片
柄の鱗片
 柄シスチジア?
 T.squarrulosumの縁シスチジアは「有るかまたは無い」となっており、あったとしても写真のような紡錘形ではない。胞子サイズも若干小さく、類縁というより、T.squarrulosumとは全く別種のような気もする。なんとか原記載を見つけられないかと探してみたけれど見つけられず、どこが違ってどこが同じなのか分からず仕舞い。そんなわけで、HPからT.squarrulosumは削除した

 Sさんからのメールで調べるキッカケを頂き感謝。ありがとうございました。