2018年3月31日土曜日

タマゴタケ

 タマゴタケの学名は、かつて使われていたAmanita hemibaphaから、現在Amanita caesareoides となっている。それ以前はAmanita caesareaであったが、現在はセイヨウタマゴタケの学名になっている。
  聞きかじりであるが、日本からA. caesareaは見つかっていないとされ、日本にあるのはA. caesareoides だと…、現在どうなのであろうか…?

 昨年、 ズーリーヤン先生著の[Atlas of the Chinese Species of Amanitaceae] を手にした。タマゴタケやこれまで疑問だったカバイロツルタケなども少しは分かるのではないかと(昨年)購入した。
 これまで撮っていたタマゴタケの写真を集めてみた。
たぶん、傘が真っ赤で柄に明瞭なダンダラがあるもの(hとi)は、A. caesareoidesで良いのだと思う。傘色が赤ではなくオレンジ色でダンダラがないかまたは不明瞭なa・b・cもA. caesareoidesなのだろうか?
 ズーリーヤン先生の図鑑を見ると、l(小文字エル)はA. hemibaphaとよく似ているが、傘頂部に小丘を呈しており、ズーリーヤン先生はSP種としているようだ。
 写真を並べてみたけれど、結局のところ分子解析まで持ち込めないアマチュアにとって外見で判断は出来ないということだろうか…。






0 件のコメント:

コメントを投稿