2018年3月31日土曜日

カバイロツルタケ

たぶん、下の2枚の画像はカバイロツルタケ(Amanita fulva )で良いのだろうと思われる。

ズーリーヤン先生先生の図鑑を見ると、傘頂部(中心部)が濃色になっているものがAmanita orientifulva とされ、下の画像が該当するのではないかと思う(不確実だけど)。

では、下の寄せ集めた画像はどうだろうか…。


カバイロツルタケに似た種で、Amanita croseaがあり、上の画像中にそれがあるのかどうか分からない。ただ、おそらく国内にもあるだろうと思われながらも、今までカバイロツルタケで一括りにしてきた。カバイロツルタケにも数種混在しているのではないだろうか。素人の自分には見過ごすことしかできない現状だけど、頭の片隅で気になっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿